日記だったりレヴューだったり
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

まさか。
最後の記事から3年経過するとは。。。
放置しすぎてスミマセン。
2011年からはきちんと更新します。

放置していた数年間はいろんな事がありました。


★2009年★
ライブに行きまくる。
UNICORN、SDR、吉井和哉、Superfry

妊娠を契機に仕事を退職。
専業主婦になりました。


★2010年★
8/16、元気な女の子を出産。


箇条書きだと短くまとまるけどなかなか濃かったです。

ではまた
2008年度 転職2回目
10月末に内定を貰っていた会社に、いよいよ週明けから出勤です。

11月末まで派遣先で任期満了で辞める予定だったのですが
ちょっと胃を壊してしまい、療養を理由に早めに退職。
半月ばかり専業主婦やってました。

今日は就職先からご連絡を頂いたので
勤務先までのルートを確認しつつ、どんなお店なのかチェック。

通勤は1時間かかるので、今まで同様ちょっときついですが
職場環境は理想でした。
専門店で、キッチリカウンセリングに専念できるところだったので嬉しい。
しかも休みもしっかり取れてたし、言うことなしだな。

ぶっちゃけ前の職場は
人間関係が酷かったのと会社の先行きが不安だったのと、長く働くイメージが全く湧かなかったので
(働くなら5〜10年スパンでやりたいんで)
早々と契約を打ち切ってしまおうと思い、働いてました。
次は環境はよさそうなので、要の人間関係がうまくいくことを切に願ってます。

久々の更新
転職3ヶ月経過
仕事内容には特に不満はなく、淡々とこなしているものの
これといった喜びや達成感は皆無。
寧ろ外資系の癖に仕切りお局によるおかしな縦社会が肌に合わない。
お局に気に入られた人はうまくやっているものの、気に入られようともしないので明らかに受けが悪いわたくしでございます。合掌。
ガンみたいなのは多分寿退社すると思われるけど。

未経験業種への転職もぼんやり考えてみたけれども
脳みそが腐ってしまったのか正直「何がやりたいか」っていうのがない。

「職場環境(特に人間関係)が良好なところだったらどんな仕事でもいいから転職したい」というランクまで働くことに対するモチベが低下している有様。
今年いっぱいで派遣は辞めて、扶養に入ってなんでもいいからバイトでもしようかと考え中です。

この歳になって何がやりたいとか見失うとは思いもしなかった。
夫が暇になったら相談しようと思います。
SICKS
評価:
THE YELLOW MONKEY,吉井和哉
ファンハウス
¥ 1,899
(1997-01-22)
【ディスク1】
  1. レインボウ・マン
  2. アイ・キャン・ビー・シット,ママ
  3. 楽園
  4. TVのシンガー
  5. 紫の空
  6. 薬局へ行こうよ
  7. 天国旅行
  8. 創生児
  9. HOTEL宇宙船
  10. 花吹雪
  11. 淡い心だって言ってたよ
  12. 見てないようで見てる
  13. 人生の終わり~フォー・グランドマザー
Amazonおすすめ度:
今夜のBGMです。
雨、そろそろ止んでくれるかな。

このアルバムを聴いていた頃 将来の夢しか頭になくて 
その頃近くにいたクラスメイトのこと、ちゃんと見てなかったなって思う。
そう後悔したのは何ヶ月前だろうって実感が未だに湧かなくて。
まだ彼女は生きているんじゃないかって錯覚にたまに襲われるんだ。
10数年後、こんな心境でSICKSを聴くなんて思いもしなかった。
そして、この場所でSICKSを聴くなんて思いもしなかった。

当時なりたかった職業は 今じゃ斜陽で
今の自分の職業は まあそこそこいい感じ
絶対独身でバリバリ働いているんだっていうのは妄想に過ぎず、ダンナサマも一緒にいる生活なんて、当時の自分は予想だにしなかった。

未来は無限大で 怖いものなんてないってあの頃は思っていたけど
今も未来は無限大で 乗り越えられないことはないんだって思っている。

「天国旅行」「人生の終わり」を聴くと涙が止まらなくなる。
終わりは自分で決めないで天に任せて





29
雨だし暇だしテレビつまらないしブログを更新してみようと思う。

そういや奥田民生のアルバムで「29」っていうのが民生のソロ・ファーストアルバムだった。

その後のアルバム「30」の「悩んで学んで」が、自分の20代前半のテーマだった。



アラウンドサーティとかいうけれども

実際 この年になると 

子供を産むか産まないかとか

一生 働くか専業になって夫を支えたほうがいいのかとか

時々ぼんやり考えることはある。

独身の頃よりは考え込まなくなったけれど、それでも考え込む性格なのでね。。。



先日 自分や周りの友人の心に影を落とした事件や

出身地で起こらないだろうとタカを括っていた大災害をテレビで目の当たりにして

生きているだけでめっけもんなんだなとか

どうしようもない見えないことを延々と悩むのは時間の無駄なんじゃないのかとか

沢山沢山気づかされた。



それらがきっかけで

「大人になること」ってどういうことなんだろうとか

自分が可愛いから保身することが大人になることなのかなとか

それって本当に周りの人を大事にしているのかなとか

沢山の疑問を貰った代わりに、沢山の大切なものを自分の中に植えつけられた。



「ダメなものはダメだと上手に意思表示すること」

「自分の目で見たことをしっかり認識して、責任をもって伝えること」

「大事な人はしっかり守ること 精神的に孤独にしないこと」



タダでさえ折れやすい年代だし

人より悩みが少ないし つーか今 恵まれすぎてるから

その分周りの人に恩返しをしたいと思う。



自分自身、不遇な時期もあったけれども

自分が見えないところに蜘蛛の糸のように突破口って絶対あるんだよね

何がきっかけで 自分の生活のどんなカテゴリーにそれが落ちているかは探さないと分からないけれども。


引越完了
先週末に完了した引越を機に
「テーブルの上をごちゃごちゃさせない」という目標を掲げた我が家。
そこでこのミニバラを、テーブルにセットいたしました。

下の水受けは、お気に入りの益子焼のお皿。
観葉植物等の水受けに、焼き物を使うとインテリア的にステキです。

ミニバラを買ってから、お花が映えるようにテーブルコーディネイトしたり、毎朝水遣りをするために早起きしたり、なんだか楽しいです。

ミニバラを育てていて思い出したことが。
観葉植物は、実家に折鶴蘭があって12,3年育てたものの引っ越す時に大変なので実家のリビングへ。
プランター系の植物を育てるのは、小学生以来だなと。

小学校時代、住んでいた官舎には畑がありました。
畑の溝ごとに「@@さんの家の畑」みたいに区切られてて、ねぎを育ててる家もあれば、トマトを育てる家もあれば。
私はそこで、マリーゴールドのお花を育ててました。
ままごとに畑の作物を使ってた子もいたなぁ。

ある日、自分の家のところのもんだと大勘違いして
隣の畑割のオタクのパセリをむしりとって
ままごとに使って帰ってきたら母親に凄く叱られました。

「よそのおうちのものを取ってはいけません!!!」
確かお尻ペンペンもされたな・・・涙。
そんで、パセリを栽培していたお宅に謝りに行ったんだった。

最近の物騒な事件とか見ていると
大人が大人になりきれていないから、世の中がおかしくなっているのかなとかバラを見ながら考えてしまった。

「いけません!!」とか、ものの善悪をびしっと指摘できる大人がいない。
いたとしても、今の子は何をするか分からないからと注意しない。
実際、注意して命を落とした事件もあったし。
駅のホームで注意したサラリーマンのおじさんが、DQNな若者に殺された事件とか。

自分が幼かった頃、大人はどうだったかなって思い出したら
善悪の区別をしっかりつけるために
「ダメなものはダメ」「違うものは違う」としっかり言葉に出して、伝えていた。
近所ではよく、お母さん達がやんちゃな子供をしっかり見守って
悪いことをしていたら、しっかり注意していた。

今、そんな光景見ないし
実際、私はそんなことはできていない。

もう28だし
大人にならなきゃなぁと、ミニバラを見て思うのでした。
そういや、夫はそれができる人だなあと。
トゲなくそれを伝える術を持った人なので、付き合う前から尊敬していたし信頼していたもんな。

新居の住み心地は本当に快適です。
リビングが広く、明るい(前と比べて)。
ついつい絨毯の上で転寝してしまうほど心地よいです。
通勤も駅まで歩いてほんの少しなので、楽チンです。
昨日
引きこもり有休消化も、今週末までになりました。

昨日起こった出来事を、私は一生忘れないと思います。
何のことかは敢えて書きません。

人は一人じゃ生きられないから
支えあっている図が漢字になったのが「人」って言う字なんだって
金八先生みたいな内容のことを「象形文字」だと習ったのは、記憶が怪しいけど高校の書道か現国の授業だったと思う。
いや、もっと前かな 中学の国語だったかな。

ひとはひとりになってはいけないから
これからも生きていく私達は今日のことを忘れてはいけないし
もしああすればよかったこうすればよかったって思うなら
これからもその気持ちを忘れずに生きていくことが大事だと。

何も出来なかったじゃない
何もしなかったじゃない
同じ時 同じ空間にいたことが大事だったと思いたい。
KAZUYA YOSHII LIVE DVD BOX『LIVE LIVE LIVE』(初回限定生産)
評価:
---
TOSHIBA-EMI LIMITED(TO)(D)
¥ 9,969
(2008-05-21)
【ディスク1】
  1. Do The Flipping
  2. Biri
  3. WEEKENDER
  4. 上海
  5. ルーザー
  6. SIDE BY SIDE
  7. CALL ME
  8. ワセドン3
  9. シュレッダー
  10. 聖なる海とサンシャイン
  11. I WANT YOU I NEED YOU
  12. Pain
  13. マンチー
  14. Love Communication
  15. ALL BY LOVE
  16. BLACK COCK'S HORSE
  17. Winner
  18. Shine and Eternity
  19. バッカ
  20. 雨雲
【ディスク2】
  1. Do The Flipping
  2. Biri
  3. I WANT YOU I NEED YOU
  4. HOLD ME TIGHT
  5. ルーザー
  6. 黄金バッド
  7. Tactics
  8. ワセドン3
  9. 大都会
  10. HELP!
  11. カナリヤ
  12. NATURALLY
  13. HIKARETA
  14. マンチー
  15. シュレッダー
  16. バラ色の日々
  17. WEEKENDER
  18. FINAL COUNTDOWN
  19. TALI
  20. SO YOUNG
  21. BELIEVE
  22. バッカ
  23. トブヨウニ
【ディスク3】
  1. Do The Flipping
  2. Biri
  3. サイキックNo.9
  4. HOLD ME TIGHT
  5. ルーザー
  6. I Love You Baby
  7. BLOWN UP CHILDREN
  8. 人それぞれのマイウェイ
  9. 黄金バッド
  10. ALL BY LOVE
  11. I WANT YOU I NEED YOU
  12. Pain
  13. FOR ME NOW
  14. マンチー
  15. WEEKENDER
  16. シュレッダー
  17. TALI
  18. CALL ME
  19. 見てないようで見てる
  20. Shine and Eternity
Amazonおすすめ度:
昨日、アマゾンから到着。
4枚組のDVDボックスです。

1 GENIUS INDIAN TOUR 2007
インディアンは、日本武道館1日目に行ったので福岡は見ていません。
しかし吉井、地方のライブだと元気がいい気がする。
東北在住時代、ツアーで来るたびに必ず参戦していましたが、いいライブばかりだった。
painの演出の精子が個人的にお気に入り。

2 吉井武道館2007
これもDVD収録の前日に参戦。
マサムネ氏を拝見できて1日目もよかったですが、DVD収録の2日目の方が気迫が伝わってくる内容。
ファン仲間からも、2日目の方が当たりだと言われてました。

3 DRAGON HEAD MIRACLE TOUR 2008
ZEEP TOKYOの2日目収録。
本当は東京2日間参戦予定だったのですが、抜けられない仕事がこの日に入ってしまったため、1日目に参戦。2日目はDVD待ちしてました。
2日目の方が当たりだったと、これもまた言われました。ううう。

4 ボーナスディスク
ZEEP TOKYOの1日目のBLACK COCK'S HORSEが収録されてます。
1日目、最前で見たら押し競饅頭であばら骨が痛く、翌日堪えたなあ・・・。

これから見る人には、鑑賞の順番は1枚目2枚目3枚目と、順を追って見るのをお勧めします。
吉井がどんどん神がかってくるのが見ものです。
ネットスーパー
最近使えることを知ったので、初買い物。
とりあえずヨーカドーにしてみました。

米とか魚とか肉とか、近所のスーパーじゃ満足できないものを購入しようかと。
野菜はoisixのがおいしいのでそっち優先です。

重たくて自分で持っていけないものだと、ほんと助かります。
他のお店なんかも見てみようかな。
育児で大忙しのお母さんとか、これは助かるんじゃないかな。

***

とりあえず朝に注文して、今日は天気がいいので昼間は外出 。
帰宅時間は商品到着まで、と。

VOCE
廃盤間近なピエヌのチークのストック2個
古着屋で安かった黒チュニック(流行に乗ってみた)
OZOCの黒ジャケット

ロックっぽいTシャツも欲しいですが
これ以上お金使うとレッドカードなのでやめときます。

基本的に洋服は、一回買ったら5年は着まわせるものしか買いません。
最年長はミッシェルクランの春物ジャケット。
これは学生のときから着てます。雨の日にもイイ素材なんで。

***

夕方。
ネットスーパーの品、到着。

行商風のオジサンが買い物袋を折りコンの中から取り出してくれました。

タラを頼んだのですが、冷凍便だったので自転車こいで買いに行くよりも明らかに新鮮。
「玉葱1個20円」は安かったな。ステキ。
あとはパンとか、キャベツとかなくなったものを。
自力で運ぶのがしんどい米も買いました鳥

また利用しよう。一回で味を占めてしまいました。


勝ち組/負け組ってスイーツ脳世代特有だな。

そろそろいい歳なので
友人も結婚したひともいれば
子供を授かって出戻りしたひともいれば
独身でバリキャリも居りますが。
多彩な世代だと思います、20代後半。
華やかな世界にいる知人もいれば、あれれ?という世界にいる知人もいる。

友人の話を聞いていたらそれってどうなのってことがあった。
「私って負け組」と他愛のない会話で言い出したのですが
負け組の定義ってなんだったんだろう。
ここにあった→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E3%81%A1%E7%B5%84

格差社会の収入を指すのと
嫁にいける/いけないの境界線として使う言葉かなと。
この世代だと。

けどさ
実際嫁やってますが「嫁に行ったからゴール!私幸せ!!」ではないんだよな。
その友人には言わなかったけれども。
傍から見ると仕事も家庭もまあいい線いってて
アホみたいに買い物してるって独身時代のイメージが周囲から払底されてないのもあると思って勝手に「勝ち」だと思われても正直困る。
そんで距離置かれてしまっても、は?って感じ。
思い込みだけで人を判断しないで欲しい。

勝ちとか負けとかでたった30年弱の人生括っちゃったら勿体無いし
今はこれからの人生のレールを引いている段階で。
線路がきれいでも電車が開通しないとその沿線が人気か・不人気かなんて決まらないのと同様。

今は調整期間ですね。
仕事も区切りをつけて、家庭とどう采配していくかの過渡期。
独身時代と比較して仕事の力加減での葛藤、仕事もしたいけど子供も欲しいという葛藤。
たくさんの葛藤を抱えながら今日も私は生きている。
楽しいばかりじゃなくて今も泣いたり苦しんだりもしてますよ、こう見えても。

「自分はどんな生き方をしたいのか」
「30がやっぱり女にとって区切りだけど、仕事に打ち込むシングルか家庭を築く奥様か」
「自分にとって一番幸せなのはなんなのか 必要なものはなんなんか」

自分に対して、問い詰めたこと、あるんだろうか。
自分と向き合わないと幸せにはなれない。
去年、年明けから自分と向きあって生き方を定めたから今の私がいる。

世間一般の「絵に描いた幸せ」に惑わされたり
自分と向き合うのに億劫になって逃げてしまったり
気持ちに正直になれなかったり
そんなこんなで転がされたりするからスイーツって称される世代なんだろうな。
うまく言えないから書いてまとめてみました。